オカムラ歯科医院
東京都世田谷区玉川3-1-5
カメリア・コート二子玉川1
TEL:03-3709-2666

2018/11/08 16:50

石田三成『三椀の才』

『三椀の才』とは、豊臣秀吉が長浜城主時代に鷹狩りで米原市にある観音寺に立ち寄った際、寺の小僧をしていた石田三成が秀吉に、お茶が飲みやすいように温度を変え三度に分けて出した事をいいます。

この気配りが秀吉の目に留まり、石田三成が秀吉に仕えるきっかけになったそうです。

P4290082.JPG


P4290085.JPG


上の写真は観音寺の『石田三成水汲みの井戸』です。

(G党)

2018/10/25 16:59

関ケ原の合戦・徳川家康最後陣地

P4290461.JPG


国指定史跡『関ケ原古戦場』附指定『徳川家康最後陣地』です。

関ケ原の合戦の終了時陣が置かれていた場所で、終了後『首実検』を行った『床几場』です。

土塁が綺麗に残っていますが、これは江戸時代の後期に、この地の領主前出の『竹中家』が整備したものだそうです。


(G党)

2018/10/19 14:13

関ケ原の合戦・決戦場

P4290426.JPG


国指定史跡『関ケ原古戦場』附指定『決戦地』です。

左に石田三成の陣のある笹尾山が見えます。

関ケ原古戦場は各武将の陣跡に説明板があり、その時々の陣形図も書いてあり、分かり易かったです。

(G党)

2018/10/11 17:13

関ケ原の合戦・大谷吉継陣跡

P4290539.JPG


『大谷吉継の陣跡』です。

大谷吉継は、石田三成の親友で当初この戦いに反対していましたが、結局西軍に参加しました。


P4290554.JPG


『大谷吉継の陣跡』からは、中山道を挟んだ向かい側に松尾山の『小早川秀秋の陣跡』みえます。

開戦後東軍の『藤堂・京極隊』と戦っていましたが、予想されていた『小早川隊の裏切り』に備えて配置されていた西軍の脇坂隊などが、小早川隊の東軍参加に呼応して、『大谷隊』に攻めかかってきました。

そうなると衆寡敵せず『大谷隊』は敗れ大谷吉継は自決しました。


(G党)

2018/10/04 17:16

関ケ原の合戦・開戦地

P4290505.JPG


国指定史跡『関ケ原古戦場』の附指定『開戦地』です。


西軍の宇喜多秀家隊に松平忠吉・井伊直政隊が鉄砲を撃ちかけたことから関ケ原合戦場が始まりました。


松平忠吉は徳川家康の四男で、井伊直政は忠吉の舅であることから、関ケ原が初陣になる忠吉の後見していました、当然両者とも初手柄を立てようと張り切っていたことでしょう。


(G党)

2018/09/28 17:01

関ケ原の合戦・岡山烽火場

P4290412.JPG


P4290404.JPG

黒田長政、竹中重門の陣跡でもある、国指定史跡『関ケ原古戦場』の附指定『岡山烽火場』です。

黒田長政、竹中重門双方の親である小寺官兵衛、竹中半兵衛は共に羽柴秀吉の織田信長家臣時代の軍師でした。  

小寺官兵衛が一時、敵に捕らえられて行方不明になった時に、寝返ったと勘違いした秀吉に長政を殺すように命じられた半兵衛が、主命に反しかくまっていたことから、黒田長政は竹中家に対し恩義を感じていたことでしょう。


(G党)

2018/09/21 11:34

関ケ原の合戦・石田三成陣跡2

P4290439.JPG


石田三成陣跡のある笹尾山から主戦場になったあたりを見た写真です。

左の山の麓には徳川家康の陣がある桃配山があり、どちらも関ケ原が一望出来、指揮をとるのに良い場所なのが解ります。


P4290442.JPG


上の写真より右側を見た写真です、奥から二番目の山が小早川秀秋の陣がある松尾山です、西軍だった小早川秀秋の東軍参加により西軍の敗退が決まりました。


(G党)

カレンダー

2018月11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by fullhouse