« 関ケ原の合戦・石田三成陣跡2 | メイン | 関ケ原の合戦・開戦地 »

関ケ原の合戦・岡山烽火場

P4290412.JPG


P4290404.JPG

黒田長政、竹中重門の陣跡でもある、国指定史跡『関ケ原古戦場』の附指定『岡山烽火場』です。

黒田長政、竹中重門双方の親である小寺官兵衛、竹中半兵衛は共に羽柴秀吉の織田信長家臣時代の軍師でした。  

小寺官兵衛が一時、敵に捕らえられて行方不明になった時に、寝返ったと勘違いした秀吉に長政を殺すように命じられた半兵衛が、主命に反しかくまっていたことから、黒田長政は竹中家に対し恩義を感じていたことでしょう。


(G党)